読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランツ・カフカの「買い替え」ならこのお店♪

糧になる人間も居ます。そんなときにカフカのことを描いたこの本は救世主となりました。カフカの作品も読みたくなりました。

3月27日 オススメ商品!

2017年03月27日 ランキング上位商品↑

フランツ・カフカ絶望名人カフカの人生論 [ フランツ・カフカ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

町の本屋さんでは見つからなかったそうで!こちらでお送りいただけて助かりました。どんな偉い御坊さんの言葉よりも!カフカの一言が身にしみました。希望を持とう!みたいな作品ではないので落ち込んでる時にはかなり良いです。「――-なぜ自殺しなかったのか」のほうは!人生論よりももっと濃い中身になって居るので!少々疲れるかもしれませんが!こちらの本で癒されて少し元気が出たら!合わせてカフカの生い立ちなども含めた本を読むと!より身近に感じられるかもしれません。頭木弘樹氏の「カフカはなぜ自殺しなかったのか?」と合わせて購入しました。しかし!倒れたままでいてもいい!無理に起き上がらなくてもいい!起き上がれない自分を恥じなくてもいいよ!そう言ってくれているようで救われました。絶望や自殺願望が、生きる気力に。:カテゴリーごと(学校、仕事等)に編集されていますので、自分が必要とする章を読み味わうのも良いと思います。ちょうど自分自身も色々悩みを抱えてた時に読みましたが、ウンウンわかるなー!この気持ちを伝えたいんだって思う部分と、この人私を遥かに超越したレベルで病んでる!!!って感じで笑えるほどでした。これから、絶望に付いて書かれた著書も購入予定。カフカの作品が好きな人にもオススメですが、まったく知らない人が読んでもおもしろくサクサク読める感じです。カフカの言葉をひとつずつ取り上げて!他の有名人の名言などと比較したりしながらカフカ像を知る!割とライトな読み物だと思います。かなりわかりやすいので!全編一読も早いです。でも出来ませんでした。カフカは別にそう言うつもりで言ったり書いたりした訳ではないのでしょう。無理に明るくしようと思っても無理です。著者の言う、絶望した時は、まずそれに寄り添う言葉や音楽に触れることは、本当に真実だと思います。答えに当たる本のタイトルに惹かれましたが、その質問を生むきっかけになった「――-人生論」の方が、傷付いた心にスッと入って癒やして呉れる様な内容に成って居ます。前向き、プラス思考、ポジティブだけでは人は救われません。。私はカフカは好きではないのですが!家族に頼まれての購入です。私自身!肉親を亡くしたばかりで!其の喪失感から立ち直れず!後追い自殺を考えていました。「絶望名人 カフカの人生論」の方が先で!「――-何故自殺しなかったのか」の方は答えに当たる本だそうです。今自分が世の中で1番悩んでる!病んでるって自信のある方に是非おすすめします。